サイトマップボタン
事業団についてボタン 情報開示ボタン 公告・開示ボタン お問い合せボタン
 
ごあいさつボタン
事業団概要ボタン
沿革ボタン
基本理念ボタン
設立趣意書ボタン
役員・評議員等ボタン
組織図ボタン
 
 
■理事長あいさつ

 平成30年度の年度始めにあたり、ご挨拶を申し上げます。 
日頃より町民の皆さまをはじめ、大泉町、関係団体等の皆さまには、ご支援とご協力を賜り、心から厚くお礼を申し上げます。

 本年度は、平成29年度から平成31年度までの第4期指定管理の真中の年であり、3年間の意義を示すため、改めて気を引き締め、責任感、緊張感をもって取り組む所存です。具体的には、引き続き第4期の事業計画書に沿って人材育成・振興事業・施設運営に尽力してまいります。

 今年度の取組みといたしまして、スポーツ関係では2020年東京オリンピック・パラリンピックに大泉町出身選手を輩出することを目的とした「トップアスリート支援指定事業」、新規に託児付き事業として「ボディバランスエクササイズ」また、“ニュースポーツ普及プロジェクト”として関西圏で推進されている「アジャタ教室」及び「アジャタ大会」を実施します。
 また、継続事業として群馬銀行グリーンウィングスご協力のもとアウトリーチ事業“キッズ夢プロジェクト”「ふれあいボールエクササイズ」、「認知症予防フリフリグッパー教室」など子供から高齢者まで幅広い方々の健康増進やスポーツに親しんで頂ける事業を展開いたします。
 文化関係では、今年で28年目を迎え当事業団の看板コンサートとなっております「古澤巌ヴァイオリンの夜」を今年度も引き続き実施します。日本を代表するヴァイオリニスト古澤巌氏が毎回多彩なゲストを迎え、大変ご好評頂いております。また、新規に町内3中学校吹奏楽部を中心に、地域で音楽に親しむ方々による「クリスマスコンサート」、その他継続事業として「ジャズコンサートシリーズ」、「森浩美朗読劇」、「大衆演劇」、「ダンスフェスタ」など老若男女の多くの方々が、さまざまなジャンルの文化芸術に触れることができる事業を展開してまいります。

 そして、スポーツ・文化関係ともに「第五次大泉町総合計画」の実現に向け、また、文部科学省が示す「スポーツ立国戦略」、文化庁が示す「文化芸術推進基本計画」を推進し、大泉町の指定管理者として、また、公益法人としてのミッションを果たしてまいります。
 

 つぎに、施設運営については、昨年度同様に「お客様第一主義」を行動指針に掲げ、お客様に満足頂ける安全で快適な空間を提供できるよう「利用者サービスの向上」に努めてまいります。
また、2019年ラグビーワールドカップ開催に向けて、地元選手紹介やルール説明など広報誌「フレッシュおおいずみ」やホームページ、Twitterなどを通じ情報発信も積極的に行ってまいります。

 最後になりますが、この度、文化むらでは「地域において創造的で文化的な表現活動のための環境づくり」の功績が認められ、平成29年度地域創造大賞(総務大臣賞)を受賞することができました。この受賞に甘んじることなく、今後も、経費の縮減に努めながらも、町民の皆さまのニーズに対応し、大泉町の将来都市像である「ずっと住みたい私のまち おおいずみ」実現に貢献してまいります。
 
 職員一同今年度も多くの町民の皆さまのご来場・ご利用を心からお待ちしております。
 
2018年4月1日
公益財団法人 大泉町スポーツ文化振興事業団
理事長 川田 登志雄
 
大泉町HPリンク
バナー
バナー
バナー
バナー
Copyright(C)2017 公益社団法人 大泉町スポーツ文化振興事業団 All Rights Reseved.